夫婦でバンコク移住下町滞在日記

夫婦でタイ・バンコクへ移住!!バンコク下町生活を記録するためのブログです( ^ω^ )♪少しでも役立つ情報があれば幸いです。

バンコクの幻想的なエメラルド寺院『ワット・パクナム』

エメラルドグリーンの仏塔と神秘的な天井仏画。

f:id:bochibochika:20170301162556j:plain

サワッディーカァー(^人^)

今日は朝からVISAの関係で外務省やイミグレーションに行ったり来たりしていたため少々お疲れのウド子でございます。果たして上手くいくのか・・・この件ははっきりした後に載せたいと思います!

 

さて、今週月曜日に友達と「ワット・パクナム」へ行ってきました( ^ω^ )♪

「ワット・パクナム」。直訳すると「河口にある寺院」でその名の通りチャオプラヤー川を渡った先にある寺院です。

私もこんな寺院がタイにあるとは知らなかったのですが、タイ人なら誰でも知っているというこの寺院を開祖された高僧の故プラ・モンコン・テムニー師にゆかりがあり、境内に祀られた師の坐像には常にお参りの人が絶えないほど人気のようです。

行き方はBTSシーロム線のウタカート駅が最寄り駅になるので、そこからタクシーかトゥクトゥク、バイタクで約5分ほどの場所にあります。

私たちはBTSを降りるとタクシーが並んでいたのでタクシーで向かいました(約50B)

タクシーを降りると警備員らしき人が「こっちだよ」と私たちが何も聞かなくても手招きして案内してくれたので寺院には辿り着きやすかったです。笑

境内の中に入るとドドーーンと大きな白い仏塔が見えてきました!おおぉ〜(゚o゚

f:id:bochibochika:20170303201252j:plain

階段横には靴置き場があるので靴を脱いで上がります!が、、太陽光熱で階段が熱くなっていて足裏があつっ!あつっ!ってなるので晴れた日は気をつけてくださいませ。笑

階段の上は2階となり儀式などが行われる集会所のようです。

入ってすぐ左側に故プミポン国王と王妃の若い頃の写真が飾られていて、これが何というか・・・ハリウッドスターのように輝いておりました(´-`)

3階に上がると様々な仏像や高僧などが展示されていて博物館のようです。

f:id:bochibochika:20170303201642j:plain

f:id:bochibochika:20170303201651j:plain

「あなたも悟りの世界へ」とでも言っているのでしょうか・・・。

f:id:bochibochika:20170303201655j:plain

そして最上階の4階に上がるとありましたよ〜!

そこには幻想的な世界が広がっていました(^人^)

ガラスで作られたエメラルドグリーンの仏塔と天井の仏画とのコラボが何とも言えない神秘的な空間でずっと眺めていても飽きない感じでした。心癒されるひと時・・。

f:id:bochibochika:20170303201714j:plain

↓↓↓こちらは悟りを開いているお釈迦様でしょうか。

f:id:bochibochika:20170303201731j:plain

エメラルドグリーンの仏塔下にはガラスでできた龍?で飾られていてなかなか作りが巧妙でした。

f:id:bochibochika:20170303201737j:plain

↓↓↓窓側に描かれた仏画。仏教界が描かれているようです。

f:id:bochibochika:20170303201753j:plain

↓↓↓その横に描かれた天人たち。

f:id:bochibochika:20170303201802j:plain

 

今年は厄年。まだ3月だというのに年明け早々から色々と体調を崩している気がする・・・_| ̄|○ 厄年に気づかず過ごしてたけど、思い返すとそのせいか?と厄年のせいにしてしまう私。

病は気からといいますが・・・厄除け代わりにこの神秘的な空間でタムブン(お布施)してお参りしてきました(´∀`; )へへっ。

 

こちらの寺院ですが、千葉の成田市にも別院があるようです!しばらく東京に住んでたけど知りませんでした(汗)きっと在日タイ人の心の拠り所となっているのですね^^

ワットパクナム日本別院 寺院 watpaknam ::: 千葉・大栄町・大本山成田山近くにあるタイのお寺 【ワットパクナム日本別院HPより】

 

隣にある『ワット・クンチャン』へ寄り道。

ワット・パクナムの近くにはまた別の寺院があるというのでこちらに寄ってみました。

寺院を出て左に曲がるとこのような小道がありお店が並んでいますが、お店の人もゆったりしていて(寝てたり)運河沿いにある古き町並みが垣間見える通りとなっています。

f:id:bochibochika:20170303201821j:plain

突き当たりを左に行くと橋があるので渡ります。運河には小舟が。とその向こう側に見えるのは・・・。

f:id:bochibochika:20170303201837j:plain

3頭の象に乗った仏陀の後ろ姿と、横たわっているのはウルトラマン・・ではなく珍しい赤髪の寝釈迦様ではないですか∑(゚Д゚) 台座からはみ出そう・・・。はみ出てるか。笑

f:id:bochibochika:20170303201846j:plain

象の手足にある飾りが可愛かったな。

↓↓↓ビルマ様式のお釈迦様。「私どぉ〜お?」と言わんばかりの妖艶な雰囲気(´ー` )

f:id:bochibochika:20170303201915j:plain

その前にいる面白顔の小僧。賽銭入れを抱えて・・あっ、ゆ、指がないっ(◎_◎;)

f:id:bochibochika:20170303201923j:plain

↓鼻の穴見えてますからぁ〜〜。台座の下には「カーラ」という死の神が。食欲旺盛で自分の手足と体を食い尽くして顔面だけになったという。このカーラは腕があるけど?

f:id:bochibochika:20170303201934j:plain

9つの頭を持つ大蛇の下でフォークを片手に不敵な笑みを浮かべるあなた様は一体?

f:id:bochibochika:20170303201950j:plain

いや、だからあなた様は一体・・・。色を付ければ良いってわけじゃないですよね?

f:id:bochibochika:20170303202002j:plain

↓↓↓アニマル大集合の図!!(^◇^)

f:id:bochibochika:20170303202010j:plain

↓弟子に教えを説いているのでしょうか。 ここだけまともに見えてしまうのは私だけ?

f:id:bochibochika:20170303202019j:plain

さぁ!「巨大仏陀と愉快な仲間たち」を堪能したところで帰路につきます♪( ´θ`)ノ

私的にはここ、好きです。寺院というかテーマパークのように面白過ぎるー。笑

 

ワット・パクナムから渡ってきた橋を渡って戻ります。なんかこの写真良いなぁ。

f:id:bochibochika:20170303202025j:plain

 

平日だからか、あまり知られていないせいか、観光客はほとんどいませんでした!

タイ人で参拝に来ている人ぐらいかな。なのでゆっくりゆったり回ることができましたのでかなりオススメです( ^ω^ )ノ

そして拝観料も必要ありません!!!

まだ観光地としてはメジャーじゃなさそうなので、これから人気が出てくるとそのうちワットポーみたいに拝観料が必要になったりするかもしれへんなぁー。

 

もう一回行こうかなぁ〜と企んでいるウド子でございます♪( ´▽`)

 

*再訪時のブログも是非読んでみてください^^*

bochibochika.hatenadiary.com

★タイ・ブログランキングに参加しています★

「ワット・パクナム行ってみたい!」と思ってくれた方、ポチッと一押しに感謝します(^人^)☟☟☟ゾウさんをクリックください♪ 

タイ・ブログランキング

 

*こちらの記事も是非読んでみてください^^*
bochibochika.hatenadiary.com bochibochika.hatenadiary.com

bochibochika.hatenadiary.com bochibochika.hatenadiary.com
bochibochika.hatenadiary.com

bochibochika.hatenadiary.com