夫婦でバンコク移住下町滞在日記

夫婦でタイ・バンコクへ移住!!バンコク下町生活を記録するためのブログです( ^ω^ )♪少しでも役立つ情報があれば幸いです。

故プミポン国王(ラーマ9世)の歌。

『みんなの家にある写真』

f:id:bochibochika:20171020232920j:plain

 

サワッディーカァー(^人^)

 

昨日はめちゃんこ暑かったですねー(´Д` )汗汗

いやほんまに・・

暑気か!!(殺す気か!!)ってなぐらい暑かったんやけど。。

それでも33℃ぐらいなんやね。

今日も暑いけど・・。

 

そんな暑い日に、

最近エカマイに移転されたDACOさんのところに所用で行ってまいりました!

以前あったラチャテウイよりも行きやすくなりました^^♪

とはいえ駅から徒歩20分ぐらいかかる場所にあるのでバスで行くことに^^;;

まぁバイタク使えばすぐなんですけどね。バイタクってちょっと苦手なんよねー(´・ω・`)

まだ落ち着いていないようでしたが、

新しいDACOさんの住処は一軒屋で周りの雰囲気がとても素敵でした(。・ω・。)ノ

南国の島にある一軒家って感じ?(こんなセンスのない表現で伝わるだろうか…)

 

 

さて、

私のブログを見てくださってる方は、すでにタイに住まれている方、

タイに興味をお持ちの方だと思いますが、

そんなみなさんに是非知っていただきたいタイの歌があるんです(*´ω`*)

もうすでに知っているよ〜という方もいらっしゃるかと思います。

 

私は最近タイ語のレッスンを通してこの曲を知りました。

 

この曲を聴くと、ラーマ9世がどれほど偉大で、

どれほどタイ人に敬愛されているのかが少しでも伝わるかと思います。

(もちろんタイ人全員だとは思っていません。) 

 

この歌について講義してくださったタイ人の先生も、

『この歌の意味を日本人の皆さんに伝える機会ができて本当に嬉しいです。』

とおっしゃっていました。

 

タイ人ならこの曲は誰でも知ってるし学校でも習うみたいですよ。

子どもも歌えるほど^^

 

 

私もこれを機に少しでもこの歌を広められたらと思いました(´-`)

 

色々と思われる方もいらっしゃるかと思いますし、単純だなと思われるかもしれませんが、私は良い歌だなと思いました。

(決して王様を崇拝する国が素晴らしいと言っているわけではありません。)

 

 

下に日本語の歌詞も載せておきますのでご興味のある方は歌詞を見ながら是非一度聴いてみてくださいね。

www.youtube.com

 

 

*歌詞(日本語訳)*

 

『みんなの家にある写真』

 

小さな頃から 母に尋ねたことがある

母がいつもお祈りをしているその写真

寝る前に 毎晩お祈りをしないといけない

母は答えた その写真に毎日手を合わせて挨拶するようにと

その人は 息をしている神様だ

我々が今日のように 食べられているのも

その人が 長年ずっとタイの人々の お世話をしてくれているからだ

覚えておきなさい

 

どこの家にもある写真

金持ちであっても貧乏であっても 遠くても近くても 

どこの家にもある写真

愛によって 誠実に (忠実に) 心を込めて

 

何十年経って成長しても

目に浮かぶのは 毎日働いている彼

我々がいつか疲れを感じたとき

その壁の写真を見れば

その写真から 元気がもらえる

 

どこの家にもある写真

金持ちであっても貧乏であっても 遠くても近くても 

どこの家にもある写真

愛によって 誠実に (忠実に) 心を込めて

 

父の歩む道についていきたい

足りるよ 十分だ と心に刻んで

良い 父の子となろう

愛によって 誠実に (忠実に) 心を込めて

 

※Repeat

 

END 

 

★ウド子ブログを最後まで読んでいただきありがとうございます★

ウド子ブログを応援頂けると更新の励みになります。

☟☟☟ポチッと一押しに感謝します(^人^)

タイ・ブログランキング

 

*よろしければこちらのページもどうぞ^^* 

bochibochika.hatenadiary.com