夫婦でバンコク移住下町滞在日記

夫婦でタイ・バンコクへ移住!!バンコク下町生活を記録するためのブログです( ^ω^ )♪少しでも役立つ情報があれば幸いです。

Lalamove(ララムーブ)配送アプリをバンコク市内の引っ越しで利用してみた!

安くて便利!近距離移動に使えそうな配送サービス。

f:id:bochibochika:20171231141744j:plain

 

サワッディーカァー(^人^)

 

あっという間にもう今年も残すところあと1日となりました。

今月は引っ越しなども重なって気づけば年末・・

年末年始の過ごし方を考える暇もなくきてしまったウド子でございますー。

 

去年はセントラルワールド前のカウントダウンに参加しようと試みたものの、

あまりに人が多すぎて、結局スカイウォーク上でのカウントダウンw

人が多過ぎるのは好きじゃないけど、盛り上がってるイベントに参加するのは好き。 

(どないやぁ〜)

ということで今年のカウントダウンはセントラルワールドよりは混雑が避けられそうなイベントに参加してこよーかなぁ〜なんて思ってます(´-`)

 

安室ちゃんの紅白出演見たかったけど、Youtubeでみることになりそうだ( ; _ ; )/~~~

 

 

さて、今日は引っ越しの際に利用した配送アプリ『Lalamove』について書きたいと思いまっす( ´ ▽ ` )ノ

f:id:bochibochika:20171230023908j:plain

 

今回の引っ越しにあたり、どうやって荷物を運ぶか?

不動産屋に業者を紹介してもらうか、タイ人の友人にお願いしてみるか・・

車もないしタクシーで往復して運ぶか・・それはそれで大変だ。汗

できるだけ楽に済ましたい!費用を抑えたい!と思っている中、ウド男さんがネット情報で見つけてくれたLalamove配送サービスを初めて利用してみることにしました。

これが意外と使えたのでここに残したいと思います^^

 

【目次】

Lalamoveって?

香港を拠点とし、現在は東南アジアを中心にサービス展開している物流サービス。

lalamoveの配送サービスは、Uberなどと同様、スマートフォンアプリを介して利用します。アプリ上で、荷主の所在地・配送先・荷物のサイズなどを入力し、予約手続を完了させると、lalamove独自のマッチングシステムによって、登録ドライバーの中から最適な担当者が瞬時に指定される仕組みとなっています。

引用:http://thebridge.jp/2015/02/lalamove

 

GrabやUberは"ヒト"の配送サービス、Lalamoveは"モノ"の配送サービスですね!

利用方法

今回の予約までの手順はこんな感じです。

1. スマホにLalamoveアプリをダウンロードして、アカウント登録

2. バイク、ハッチバック、ピックアップトラックの中から希望車両を選択

3. Pick-up&Drop-offしてもらう場所を選択

4. 追加したいオプションがあれば別途選択

5. 配送希望日&時間を選択

6. 支払い方法を選択(プロモコードがあれば入力)

7. 予約完了

 

<参考>

★手順2&3のスマホ画面

私たちは引っ越し荷物が多いのでPick-up Truckを選択。

f:id:bochibochika:20171230025846j:plain

★手順4のスマホ画面

私たちはドアtoドアのオプション(プラス、Worker2人)を選択。

f:id:bochibochika:20171230025859j:plain

 

★手順5を選択するとこのような画面が表示されます。

基本価格450バーツ+45バーツ(距離による)+350バーツ(OP)=845バーツ 

f:id:bochibochika:20171230030043j:plain

 

★手順6のスマホ画面

12末まで使えるプロモコードがあったので入力!300バーツ割引で545バーツに♪♪♪ 

私たちは搬入作業終了後に現金で手渡ししました。

f:id:bochibochika:20171230025945j:plain

 

★ちなみにPick-up Truckの重量制限&大きさ、料金も確認できます。

f:id:bochibochika:20171230030436j:plain

 

★深夜と早朝タイムは料金がUPするようです。

 

f:id:bochibochika:20171230030315j:plain

無事に予約完了!!

 

予約完了後すぐに担当ドライバーを画面上で知らせてくれます。

 

当日の朝、担当ドライバーがキャンセルになったと連絡がありましたが、すぐに他のドライバーが見つかったとの連絡あり。

このような通知が届きます(設定をONにしている場合)

f:id:bochibochika:20171231010646j:plain

 

電話対応

すぐに電話がかかってくるかと思いドキドキしてましたが、電話がかかってきたのはピックアップタイムの1時間前でしたw(アプリでの予約は3日前に完了)

事前に聞かれるであろう質問の答えをタイ語で用意していたのですが、

まぁ電話だとそう上手くはいきませんねww

『タイ語はちょっとしか話せない』と伝えたら『OKカプ』と言われ、数分後にカスタマーサービスから英語で電話がかかってきました。

今回聞かれたことは『コンドの場所』『どんな荷物を運ぶのか』のみ。

前者はおそらくうちのコンドの位置が分かりにくかったからだと思います。。

分かりやすい場所であればおそらく通常は後者だけを聞かれるのかなと^^

後者は引っ越し荷物であることダンボールの荷物の大きさや個数を伝えました。

 

ドライバーは英語が話せない人がほとんどだと思うので、タイ語に自信のない人はタイ語が話せないこととカスタマーセンターにかけて欲しい旨を伝えるとカスタマーセンターから電話がかかってくるかと思います(=゚ω゚)ノ

 

"タイ語が話せません" →『プー パーサータイ マイ ダーイ カァ(カプ)』

"カスタマーセンターにかけてください" →『チュアイ トー パイ ティー カスタマーセンター ノイ カァ(カプ)』

 

ちなみにわが家では二人一緒にいるときは私がタイ語担当、英語担当がウド男さんとなっている。

ウド男さんより話せるというだけで低レベルなタイ語担当( ̄^ ̄)ゞ

 

引っ越し当日 

当日はほぼ時間通りに到着したチェンマイ出身ドライバー&クールな若者。

到着後、電話がかかってくるのでロビーに迎えに行きます。

 

Pick-up Truckはこんな感じ↓↓↓

f:id:bochibochika:20171230030128j:plain

 

タイ語の先生に事前に教えてもらっていた『気をつけて』や『壊れもの』を連発していたにもかかわらず、どんだけぇ〜ってなぐらい台車に積み重ねてました( ゚д゚) 

『おいっそこの若者!!』と言いたくなる気持ちをぐっと抑えて見守る私。

落とさへん?大丈夫?とソワソワしてたらラップでグルグル。なるほどねぇ〜〜

ってかアイロン台と布団も乗っけちゃうのね〜w 

f:id:bochibochika:20171230030154j:plain
f:id:bochibochika:20171230030156j:plain

 

てっきりそのままトラックに乗せるのかと思いきや、乗せる前にラップを外して個別に乗せてました。ここでもソワソワしたけど、安いお値段でやってもらってるんですからここはじっと見守りましょう。

f:id:bochibochika:20171230030138j:plain


二人車に同乗できる?と聞いたら『ダイカプ』と言われたので助手席に二人乗って出発進行!!クールな若者は私たちの荷物とともに。

 

荷物の搬入も二つの台車に乗せれるだけ載せて再びラップ巻。

部屋の中まで運んでもらい、搬出作業から約1時間で終了!!

搬入作業終了後にドアの外で引っ越し費用の545バーツを現金で手渡ししました。

お釣りを持ち合わせてるかわからないのでお釣りが要らないように用意しておいた方が良いかと思います。

 

このときエレベーターを使ったんですけど、ヤームさんがちょこっとだけ手伝ってくれたんですね。手伝ったって言っても大したことしてくれたかしら?ってなぐらいのレベルなんですけど・・そしたらドライバーと二人エレベーターで上に向かうときにドライバーが『チップ渡したらサバイサバーイ』『20バーツぐらい』と笑いながら言ってきたのです。

何を言ってるのかすぐには察知できなかったが・・『チップ』『20バーツ』『サバイサバーイ』で理解できた。

 

『結局カネかーーーいっ!!』そりゃチップもらったらサバイサバーイでしょうよw

けどそっちから言いますかね?

チップって言われてから渡すものでもないと思うよ。

 

うーん、未だ慣れぬチップ。

マッサージでも何でも本当に嬉しいサービス、おもてなしをしてもらったときには心から渡したいと思うのだけど・・日本人には馴染みにくいチップ制度。

難しいわ。。

 

ドライバーとクールな若者は時間通りに来てキビキビと対応してくれたし、最初からチップを用意していたので、100バーツずつ、あと仕方なくヤームさんに20バーツ渡しましたw

チップは気持ちだと思うので必ず渡さないといけないわけじゃないと個人的には思います。金額はもともと安い値段でやってくれてるという思いもあり、荷物も多めだったので私たちは100バーツにしました。

あと作業中暑いかと思い、水のペットボトルも出発時に渡していました。

でもこの日は寒波で寒いぐらいw

移動中、ドライバーに『今日は寒いですね』と話しかけたら『チェンマイはもっと寒い』と。

た、確かに。そんなやり取りをしてたからチップの件も言いやすかったんかなぁ(´-`) 

 

引っ越しにかかった金額  

①ダンボール代 530バーツ(約1,830円)

②Lalamove利用料 545バーツ(約1,900円)※プロモ料金

③チップ代 220バーツ(約760円)

①〜③計 1,295バーツ(約4,490円)

 

ダンボールがタダで入手できれば、約1,900円ぐらいで引っ越しが済んでしまうという驚きの価格!( ゚д゚)

 

ちなみに私たちは自力で運ぶ荷物(ダンボールが足りず袋に入れていた私の衣類、掃除用品、掃除機など)もあったので、部屋の掃除を含めて今の家と行き来しながら荷物が多いときはGrabを利用していました。プロモを上手く利用すればタクシーよりも安く、家のすぐ近くまで行き来してもらえてカード払いもできるので便利!

 

④Grab利用料 174バーツ 

①〜④計 1,469バーツ(約5,100円)

 

結局5,100円ぐらいかかっちゃったけど・・まぁこれでも安い方だと思うので私たちは満足しています♪♪

 

今回使ったダンボールは次回用に保管しておくので、もしまた引っ越しする機会があれば今回より安く済むかなぁ〜と(^人^)

 

利用してみた感想

今回初めてLalamoveを利用してみましたが、私たちは満足です。

予約はスマホアプリから簡単にできるし、電話もカスタマーセンターを通して英語対応できるし、当日の搬入出作業も多少の粗さがあるにしても許容範囲かつテキパキしていたので安い割に使える印象でした。

 

引っ越しだけじゃなく買い物で重たい荷物があるときにも利用できるみたいですし、いろんな用途に使えそうですね。Lalamoveを知ってからバンコク市内でLalamoveのバイクやバンが目につくようになりました。

 

また利用するときがあるかもです(=゚ω゚)ノ

 

引っ越し荷物どうしようかなぁ〜なんてお困りの方は一度利用してみてください!

 

以上、Lalamoveレポでした!

 

************************************

今年のブログ更新納めとなります。

ウド子ブログをいつも読んでくださっている方、本当にありがとうございます。

来年もお付合いよろしくお願いいたします♪♪

それではみなさん素敵な年末年始をお過ごしくださいね( ´ ▽ ` )ノ

ウド子より

************************************

  

*こちらのページもよろしければどうぞ^^*

bochibochika.hatenadiary.com