読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫婦でバンコク移住   下町滞在日記

夫婦でタイ・バンコクへ移住!!バンコク下町生活を記録するためのブログです( ^ω^ )♪少しでも役立つ情報があれば幸いです。

忍耐のマッサージ体験 @オンヌット

下手なマッサージ師にあたるとただの忍耐でしかない。

f:id:bochibochika:20170408224839j:plain

サワッディーカァー(^人^)

今日はトランポリンに行ってきましたぁ〜。

ウド男さんは初体験。想像以上のハードさを経験されたようです(´-`)

 

お昼後、トランポリンの疲れを取るべく、オンヌットにあるマッサージ店へ( ´ ▽ ` )ノ

 

オンヌットといえばマッサージ店が連なるSoi77/1の通りが安い!!と評判。

前を通ったときに気になってていつか行きたいと思ってました♪♪♪

 

さてどこにする?笑

 

Soi79にも新たにマッサージ店が出来てるという情報を得たためそっちに行ってみよう!ということに( ^ω^ )

通りに入るとマッサージ店が3店舗並んでました。

f:id:bochibochika:20170408231648j:plain

 

タイマッサージ、フットマッサージともに1時間200バーツ。

あれ?思ってたより高め。よく見るとタイマッサージのとこだけ赤字で訂正されたような感じ。値上げしたのかな(´Д` )?

最初は150バーツのとこに行きたかったけど、キレイそうだったので写真真ん中のお店に入っちゃいました!

f:id:bochibochika:20170408232138j:plain

「Takrai Hom Massage」(タクライ ホム マッサージって読むんかな?)

 

タイマッサージ1時間。私の担当マッサージ師は太身の女性。

 

さぁ着替えて大好きなマッサージタイムの始まり♪( ´θ`)ノ

 

いいえ。

これが忍耐マッサージの始まりであったのです。

 

すぐにうつ伏せになると、体の上に立たれ全体重が私の体にのし掛かる。

最初に言いましたが私の担当は太身の女性。

 

い、痛い〜〜っ(><;)

 

しかも踏むところずれてるしぃーーー。

早く降りてくれぇ〜〜い。

隣のウド男さんを見ると仰向けでマッサージを受けている・・

 

わ、私だけ?

 

もうその後のマッサージも押すとこずれてるし、ただ力強いだけ。

「痛い、痛い」言ってるけど弱める配慮は感じられず、ただただ痛さとの闘い。

途中、間があって女性を見ると自分の上半身をストレッチ中・・。

おいおい。

 

もう少しで1時間が経つからあと少しの我慢だ(p_-)

 

しかしながら1時間が経とうとしてる時間に終わる気配なし。

 

「1時間経ってるよね?」って言ったら「2時間って聞いてます」と言われたので、

ウド男さんを呼んでもらって「2時間で伝わってるけど」と言うと、

「俺、気持ち良いからこのままやってもらっていいかな」と・・・

 

な、何ですってぇー!?Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

 

正直マッサージの始まりの時間をちゃんと見てなかった・・・

今すでに2時間目に突入してたとしたら今さらやめてとも言えない・・・

 

「オッケー」と言ってしまい引き続き忍耐時間に突入。。

 

もうここからは忍耐という修行の域に突入。 

 

全然気持ち良くない_| ̄|○

 

もっと体やってほしいのに、頭上に座って「ここに頭置いて」と仰向けに寝ると、

謎のフェイスマッサージが始まり、、、

それが力強いわけでなく逆に弱い感じでおでこのシワを伸ばしたりーの、

フェイスラインをぞわぞわと触られーので気分が悪くなってきた。

きっと私の眉間にはシワがよってたと思う。

 

言葉悪くてすみませんが・・・

 

「お前やる気あんのか!!o(`ω´ )o」と言いたくなった。

 

ボディマッサージで顔を触られることなんてなかったし、

触ってほしいとも思ってへんかったから、

「ボディが良い、顔はいらない」って言って「オッケー」って答えたのに

まーた顔に触れるから「マイミーフェイス(顔はいらない)」とタイ語と英語で言ったらやっと触れなくなった。

 

そしてもう一つ気になったこと。

 

一人でタイ語で何か囁いた直後に舌を使って「チョッチョッチョッチョッ」って人間が動物に気を引かせるときに発するような言葉?を聞いたとき。

 

「何かの呪文?恐ろしい・・(°_°)」と感じた。

 

ウド男さんより少し早めに終了。

「コップンカァー(ありがとう)」とはお世辞でも言いたくなかった・・・。

 

ウド男さんは「めっちゃ気持ち良かったし上手かったー」と。

ちゃんとツボを確認しながら押してくれてたし、押して欲しいところを言わなくてもしっかりマッサージしてくれてたみたい。「痛い」と伝えたら「ソーリー」と言って止めてくれてたと・・。見た目は繊細そうな人だった。

 

いいなぁー(´Д` )

私はただただ忍耐の2時間でしかなかったのですよ。

修行と思って我慢してました。はい(´-`)

 

チップを上げる気にもならなかったけどもウド男さんが渡す以上、私も渡さざるを得ない(−_−#)

だってドア付近で二人で待ち構えてるんやもん。

仕方なく渡しましたよー。差はつけましたけどね。

 

最後に・・ 

 

マッサージはお店によってというより担当してくれる人によって上手さは違う!

っていうのはわかってたけど、今回はあまりにも酷かった(泣)

ハズレにも程があるo(`ω´ )o

やる気が感じられへんっていう致命的な理由。

 

このお店でマッサージを受けるときは

色黒で背が低め!

太身!

髪留めいっぱいつけてる人!

 

こんな人が担当になったらすぐに担当者のチェンジ希望した方が良いです。

お金払ってまで忍耐修行をする必要はないです(´-`)

 

マッサージ受けてこんな気持ちになるのは初めてだったので、

この腹の虫を抑えるべく、別のところで受け直しちゃいましたo(`ω´ )o

 

そのマッサージ店についてはまた明日書くとします(・Д・)ノ

 

★タイ・ブログランキングに参加しています★ 

ウド子ブログを最後まで読んでいただきありがとうございます。

ポチッと一押しに感謝します(^人^)☟☟☟ゾウさんをクリックください。

タイ・ブログランキング