夫婦でバンコク移住   下町滞在日記

夫婦でタイ・バンコクへ移住!!バンコク下町生活を記録するためのブログです( ^ω^ )♪少しでも役立つ情報があれば幸いです。

HBのシャープ芯を求めて。

今日は芯の種類の多さを初めて知りました(・Д・)ノ

f:id:bochibochika:20170703231744j:plain

 

サワッディーカァー(^人^)

 

最近、シャープペンの芯が切れたので出かけついでにコンビニに寄ってみたら

どこ行っても売ってない!!!

 

あった!!

と思ったら2Bのみ。タイでは2Bが主流?!

 

HBを探していた私は諦めずに文房具屋で見てみようと思い、

今日は食料調達ついでにセントラルバンナーへ( ´ ▽ ` )ノ

 

 

まずはシーコンスクエアでも見かけた「Bakery Talk」で腹ごしらえ♪

 

1個19バーツのリトルパンを4つ。できれば温めて欲しかったよぉ〜。

言ってみれば良かったけど、まぁいいやぁー。味は可もなく不可もなく。笑

f:id:bochibochika:20170703232009j:plain

 

ホットラテ頼んだらチョコラテが来た。

ホットがチョコに聞こえたみたい(´-`)

 

広いモールの中ウロウロするには時間がなかったのでインフォメーションで

聞いたら5階にあるとのこと!

 

こちらの『B2S』本屋とCD屋と文房具屋が一緒になってまーす( ^ω^ )

前を何度も通ってたけど中に入ったんは初めてかも。

f:id:bochibochika:20170703232020j:plain

 

そして見つけたこちら!!

うわぁ〜めっちゃある〜(o^^o)

f:id:bochibochika:20170703232052j:plain

 

ないない言ってたのでテンションMAXψ(`∇´)ψ

 

シャープ芯を見つけてこんなテンション上がったん初めてやな。笑

 

しかし・・こんだけあるとどれを選んで良いのやら・・。

HBと0.5mmってのは決まってるから絞れるけど。

 

メーカーで悩むなぁ( ・ὢ・ ) ムムッ

 

ここでスマホで調べてみて初めて知りました。

 

以下、『日本筆記具工業会』より抜粋

シャープ芯にはおもに0.3mm、0.5mm、0.7mm、0.9mmといった太さによる種類の他に、HBやBといった芯の濃さによる種類があります。

太さに関しては、シャープ芯といえば0.5mmの芯径のものが中心になっていますが、手帳に書く場合などの細い線が求められる場合には細めの芯を、逆に速記などで強度を求める場合には太めの芯を、

というように、使用目的に応じて使い分けるのが良いでしょう。
   一方、芯の濃さについては、芯の硬さも関係してくるので、筆圧や好みに応じて選ぶのが適当です。

一般的に硬度の表示方法としてH(HARD)とB(BLACK)で表示され)、「H」の数が多くなるほど硬くて薄く、「B」の数が増えるほど軟らかくて濃度が濃いことを示しています。
   ですから、HとBの中間の芯は「HARD&BLACK」の頭文字をとって、「HB」となっています。
   「F」はFIRMの略で“しっかりした”という意味です。

 

HBが「HARD&BLACK」の略だったということを!!

 

 

ほんでもって、濃さと硬さによって4Bから6HまであるということをΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

 

今までなんとなくHBが使いやすいから〜

なんて適当に選んでました。

 

っていうかシャープ芯なんてそんなこだわって選んでなかった気がする・・。

 

ということで今回はメーカーをこだわって選んでみました♪(´ε` )

 

この三菱鉛筆の「Uni」と迷った結果・・ 

f:id:bochibochika:20170703232541j:plain

 

Pentelの「Ain STEIN」を購入してみました♪( ´θ`)ノ

f:id:bochibochika:20170703232549j:plain

 

理由はこっちの方が47バーツで「Uni」より2バーツ安かったから(>皿<)

 

・・・。

 

全然こだわってへんやん!!( ✧Д✧)怒

 

 

だってどっちも芯が丈夫で折れにくいって書いてたからぁー(´Д` )汗

 

 

まっ!とりあえず買えて良かったぁ〜(^人^)

 

40本ありゃ当分大丈夫かな♪♪

 

★タイ・ブログランキングに参加しています★

ウド子ブログを最後まで読んでいただきありがとうございます。

ポチッと一押しに感謝します(^人^)☟☟☟ゾウさんをクリックください。

タイ・ブログランキング